KTX株式会社


社長挨拶

社長挨拶

我々は創業以来電鋳造りの研究で明け暮れていました。
電鋳こそが自分たちに与えられた使命だと心に決めて、電鋳を主体とした型造りに励んでまいりました結果、今日までに幾多の新しい電気鋳造分野を開拓し、世に出し、お役に立っていますことは、この上ない喜びでありますとともに感謝の気持ちでいっぱいであります。
ポーラス電鋳は凹引き成形型としてワールドワイドに使われるにいたりました。スーパーポーラス電鋳はブロー成形型、INJ成形型としてこれから多く採用されることを期待しています。パンチング電鋳は自動車の廃棄に伴うウレタンクッション等のリサイクル用の成形型として多く使われています。メッシュ電鋳は古紙リサイクルの成形型として成形機と共にシステム化して、お役に立てたいと思っています。
これからどんなに時代が変わろうとも創造して形にするのは人です。私は社員と共に夢を大きく膨らませて人々の幸せを考えて創造し、それを一つ一つ実現し、社会貢献を果たしていきたいと思っています。
今後とも、変わらぬご指導とお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 野田太一