KTX株式会社

当社の電鋳をご紹介します。

電気鋳造(電鋳)

電気鋳造(電鋳)

電気鋳造とは、表面仕上げの技術である「めっき」を厚くした方法で、たたみ一畳からナノレベルまで、再現可能な金属転写技術です。

モデルとなる原型を反転し、複製する技術としては、世界最高峰の表面精度を有しており、一般的に電鋳と呼びます。

電鋳製品を製作するには、浴槽にモデルを入れ、電気化学反応で金属イオンをモデル表面に付着させることにより製作します。


ノーマル電鋳

ノーマル電鋳

当社では、電鋳金型を主力に製作しています。

通常の電鋳のことをノーマル電鋳と呼び、当社で独自開発された電鋳と区分しています。

金型とは、素早く、かつ、安価で大量に生産するための製造方法で、電鋳金型は一般的な金型と比較すると、転写性に非常に優れ、製品のサイズに左右されず、条件を満たした浴槽があれば製作できるため、大物の金型の製作にも向いています。


ポーラス電鋳®

ポーラス電鋳

当社開発のポーラス電鋳は、光のある方向にかざすと、煌く星空のような細かな通気孔があるのが特徴です。

ポーラス電鋳は、当社で独自開発された新技術で、通気孔から真空を利用した画期的な技術となっています。

一般的な電鋳金型による成型と比較した場合では、製造工程・使用年数・作業人員等のコスト管理に優れており、自動車の量産金型の製作においても、コスト削減効果でお客様にご好評を得ています。