KTX株式会社

新たなちから

新たなちから

設計部門
下村 勇貴(大学理工学部卒)

私は、金型の設計を行っています。設計業務では、お客様から仕様をいただいた後、製図から部品製作、組付け、金型完成までと、一貫して設計業務に従事しているため、それを使って製品ができるのを見れたときの達成感は格別です。

設計に関しては未経験でしたが、CADなどの操作方法から材料の性質や製図の仕方まで、現場や部署内で先輩方が丁寧に教えてくださるので、覚えていく気概さえあれば大丈夫だと思います。

KTXは、自由な社風と見守ってくださる先輩方のおかげで、若いうちから失敗をおそれず、思い切り仕事に挑戦していくことができる会社だと思います。


総務部
墨 亜里紗(大学ビジネス学部卒)

私の仕事は、電話対応や来客対応、備品の発注、運送手配などを中心に行っています。

社員の方々と接する機会も多く、気軽に声を掛けていただけることも、やりがいに繋がっています。

仕事で分からないことや困ったことがあるときは、上司や先輩社員が優しく教えてくれるので、とても仕事がしやすい環境です。

また、仕事で間違っていると、先輩社員からしっかり指摘を受けるので、仕事を理解するうえでも、安心して仕事に取り組め、協調性の大切さを次に生かすことができます。
KTXの魅力を少しでも感じてもらえたらと思っています。


電鋳部門
田邉 一輝(工業高校機械科卒)

私は、現在、製品となる電鋳型を作るポーラス電鋳®部に所属しています。
 入社当初は、専門用語も多く、初めてなことばかりで分からないことだらけでしたが、職場の上司や先輩方から助言をしていただき、今ではひとりで仕事を任せていただけるようになりました。

ポーラス電鋳®は、当社にとって非常にコアな技術で、製品一つひとつに要求された項目や基準があり高い品質を保たないといけないので責任は重大です。

その分、手がけた製品が世界で使われているということに大きな誇りと喜びを感じ、モノづくりの仕事に携わって良かった、そして世界に通用する技術者としての技術をさらに習得したいと考えています。
 是非、私たちと一緒にモノづくりを追求していきませんか。